Sunday, August 25th 子供のやる気を引き出す 2

 

第3章 子供は自分で育つ

子供達は自分で育つ力を持っています。私達大人は、どうやら子供達に命令する傾向にあるようです。
まず親や周りの大人のすることは

① 子供達の話を聞くこと。
「どうなりたいのか・どうしたいのか」という質問 (開いた質問) をする。詳しくは第4章でご説明しています。
② 大人自身が自身の可能性を信じ、生きる。

ことなのです。もちろん、社会倫理に反することをしたり、人に迷惑をかけた時には、𠮟ってもよいのです。「怒る」のではなく「叱る」のです。その時の「叱り方」も大切です。先ずは「① 子供達の話を聞くこと」をしてみましょう。コーチングではこれを「傾聴」と呼んでいます。そして、それが「なぜいけないのか」を、子供達が理解できる速さと言葉で伝えましょう。周りの大人の生き方を、子供達は見ています。目の前のテストだけではなく、子供達の1年後、5年後、10年後を見た質問をしましょう。受験勉強を乗り切る、小手先の技術だけでは「人生を自分で切り開く力」や「生きる力」は身に付きません。

 

松本美智子著 『子供のやる気スイッチを押す』より

体験授業を受講される時に、同書を無料にてお渡ししています。必要な方はお知らせください。